SHOW-YAは新しいヴォーカリストを迎えて活動を継続していきますが、次第に失速し解散してしまいます。 それに、追い打ちをかけるように、1991年にSHOW-YAから看板ヴォーカリスト寺田恵子が脱退します。

80年代にはいると、ZELDAと少年ナイフがデビューしました。 ); node.dispatchEvent=function(e){this["on"+e.type](e);};

oekaki_script.setAttribute('id','oekaki_script'); という言葉がありましたが、まさにその短い言葉が、女性アーティストのあり方と端的に示していると思います。.

特にニルヴァーナのカート・コーバンが少年ナイフのことを気に入り、ツアーに帯同してもらったということです。, また、アルスノヴァは、日本では100人キャパのライブハウスでしか演奏できないほどの人気の低さですが、海外ではプログレフェスタに出場し、大御所バンドと対等に支持を集めています。, またリーダーの熊谷桂子は、オランダのルカッセン主催のプロジェクトの起用されたほどです。.