何の悩みもなさそうで、本当に幸せそうに眠っていて。 心の中は、一番欲しかったものを手に入れたという充足感に満ちていた。 "#夜のハイキュープラス ※赤葦くん 【夜明け前】 「…ん?」 目を覚ましてすぐ、違和感に気がついた。 確か私、さっきまで公園のベンチに座って転寝をしていたはず。 それがどうして今は、こんな薄暗い部屋にいる…? 「あ、目覚めました? 流れる沈黙、破ったのは。 そういえば、窓も電灯もないからさっきまでは気付かなかったけれど、この部屋。 家の隣りに住む、3つ歳の離れた彼女のことを。 もしかしたら、これで解放してもらえる? 頃合を見計らって指を引き抜いて、代わりに熱が高まっていた自身を挿入させていく。 ずっと憧れていた。 「…わかった、キミの傍に居るよ」 昔から俺、赤葦京冶は、『神様の末裔』と呼ばれていた。何故そんな名がついたのか、 自分でも分からなかった。そして、意識して他の人間を見ると 俺が … ここで暮らす決心をして一言告げると、彼は本当に嬉しそうに笑って。 それが私の答えで、それを聞いた彼は豹変して。 第一印象は、羨ましさと妬みのようなものを感じて、正直苛立った。 迷う俺が聞いたのは、果たして悪魔の囁きだったのか。 下心見え見えのクラスメイトといることに耐え切れず学校を無断早退した日、彼女は近所の公園のベンチで転寝をしていた。 It includes tags such as "ハイキュー!! It includes tags such as "ハイキュー!! すると彼女は緩く首を振って、 目を覚ましてすぐ、違和感に気がついた。 …もしかしたら。 拉致した理由、私のことが好きって、それは本当に告白の台詞? The novel "悪童と梟と、帝王と王様の交流。" includes tags such as "クロスオーバー", "赤葦京治" and more. 徐々に繋がりを深め、幾度か抜き差しを繰り返して。 「…え、」 いつでも逃げ出せる、そう思ったから。 男にしては綺麗な手で、私の頭を撫ぜた。 慌てる俺とは対照的に、ニヤリと不敵な笑みを浮かべながら彼女は鍵をゴミ箱へ放り投げた。 俺と彼女の手首が、手錠で繋がっていた。 そんなささやかな望みもあったから。 だけどその代わり、友人と呼べる人間が周りにはいなかった。 挿入させる指の本数を増やして、ナカでばらばらに動かす。 同時に目の前に差し出されたのは、俺が掛けた、銀色の拘束。 月葦がイラスト付きでわかる! 漫画『ハイキュー! このままこんな日の当たらない場所にいたら、確実に気が狂ってしまう。 これでやっと本当の意味で、欲しかったものをすべて手に入れた気がした。. 一人になるのが怖くて、怯えた声で訊ねる。 「でも、」 とにかく今夜は眠れそうもなかった。 少しだけ間を置いて、恐る恐る彼女の問いに答える。 悩んだ末の結論は。 It includes tags such as "ハイキュー!! が、しかし。 「…逃げるんですか?」 そっとドアを閉め、静かに部屋を出て行った。 彼の心を傷つけないよう、細心の注意を払って言葉を選んだつもりだったのに。 私が恐る恐る呟いた単語に、彼は溜息を吐いて、それからほんの一瞬だけ、寂しそうに瞳を揺らした。 それがあまりに優しくて温かくて戸惑う。 だけど俺は、どうしても離したくない。 アンサー、彼女を俺だけのものにしたい。 なんだろう。 首を捻って唸っていると、キィとドアの開く音がして反射的に振り向いた。 強いて言うならば、瞳の奥に凍て付くような光を宿していた。 秘口へと手を伸ばす。 「くっ、…」 彼女への想い。 だから俺は逆上して、無我夢中で彼女を犯した。 どうやら苦痛が快楽に変わったようで、彼女の瞳からは、怯えと驚愕の色が消えていた。 あれからずっと考えていた、彼の言葉。 重い口を開き、問われたのは例え話。 冗談半分な自己紹介のあと、その口から紡がれた私の名。 彼の考えていることが分からない。 だけど、あっさりと彼女が了承してくれるなんて思ってもみなくて、動揺しながら確認の意味で訊ねた。 それを聞いて私の疑問は更に増えていく。 「え、ちょっと!?」 ずっと、手に入れたかった。 …全ては俺の金目当てで。 「キミが私のこと、一生愛してくれるって言うなら問題ない。私の人生に傷付いても、キミが責任とってくれるなら別にいい。もう一度言うけど、私は、キミの傍に居るよ」 ゆっくり休め、と言われても一向に眠気が襲ってくる気配がない。 「あの、」 しばらくは逃げずに留まろうと決めたのは自分。 一気に告げたあと、彼女の顔を直視できず俯く。 「ううん、そうじゃなくて。手錠掛けたまんまだと、抱き締めることもできないじゃない?」 「うん?」 初対面の私と致したところで、何になるというのだろう。 抱き締める、って。 「飛雄、何だこれは」 「モモカン、だろ?」 夜8時を回った頃、食堂奥にある調理室に赤司征十郎と影山飛雄の姿があった。 学校も競技も違う2人だが、お互いの間に流れる空気は余所余 … 1 of the novel series "ハイキュー". 月島蛍 赤葦京治 小さく溜息を吐いて身構えた俺を見、彼女は口を開いた。 残りの2割の相違点、それは。 初めは軽く、そして徐々に深く口内を侵して、柔らかさを十分に堪能してから、口を離す。 【夜明け前】 一人きりの部屋に響いた、ノック音。 「、キツっ」 疑問をそのまま口に出すと、彼はニヤリと口の端を上げて。 下半身の痛みと、胸元と首筋に残る鬱血がその証拠。 "赤葦京治の怖い話" is episode no. 目を覚ましてすぐ違和感に気がついた。 「ありがとう、ございます…!」 そして。 「ちょ、何して、っ痛っ、ぁっ、」 そしてそれらを見抜いた上で、彼女は俺の傍に居ることを選択した。 俺が彼女を手に入れられるのは、彼女が無言で俺の行為を許してくれている、今しかない。 !』を題材にして描かれたホラー作品につけられるタグ。 概要 『ハイキュー! 何があった…? 「っぁああああっ!」 夜はまだ、明けそうになかった。 「ぁぁぁあっ!や、やめてっ…あっはぁ、っ」 痛みで目を覚ましてしまうかも知れない、そんな不安が脳裏を過ぎる。 ", "なにこれ怖い" and more. 「えっ」 やっぱり、彼は、悪い人ではない。 「絶対に逃がしませんよ。貴女には、一生俺の傍に居てもらうんですから」 手首は既に拘束してあるから、もし万が一抵抗されてもどうにかなる。 不可解ながらもドアを開けると、そこにはどこか思い詰めた表情の彼がいた。 言いながら、私にこの手錠を掛けて、それから…そこから先の記憶は曖昧だけど、きっと、私は彼に犯された。 ベッドは勿論割と生活用品も揃っていて、自分の家より遥かに片付いている。 「何がしたかったって、貴女を俺だけのものにしたかった。貴女への想いは、本気。貴女のことを、本気で愛してるんです…!」 内容は先程願われたことと8割方一緒。 1 of the novel series "赤葦さんはおつよい". そっと、その熟れた赤い唇に口付ける。 どういう、こと? 幼稚園、小学校、中学校、…そして今も通う、高校にも。 そこに立っていたのは、見たことのない端整な顔立ちの青年。 『貴女は、一生俺の傍に居てほしいって言われたら、居てくれますか?』 まだ、目覚める気配はない。 ここまできたら、もう、後戻りは出来ない。 まるで捨てられた子犬のようなその眼差しに、胸の奥がきゅうっと締め付けられる。 同時に、胸の奥に今まで感じたことのないような不思議な感情が芽生えた。 柔らかいベッドの上に寝かせてその身に纏う衣類を全て剥ぎ取る。 え、私何か余計なこと言った? それが“恋”だと知るのに、そう時間はかからなかった。 隠し通してきたはずの本音が、すべて彼女には見抜かれていたらしい。 *** 一生は無理だ、彼女は確かにそう言った。 コンコン 新たな疑問を投げかけようとすれば、先回りで答える彼。 彼女からの答えは。 だけど俺はそんなの物ともせずに行為を進める。 穏やかで柔らかい、彼女の声。 …ずっと傍に居てもらう為には繋ぎ止めてしまえば良い…? !』に登場する月島蛍×赤葦京治の腐向けカップリングタグ。 概要 『ハイキュー! !』に登場する月島蛍×赤葦京治の腐向けカップリングタグ。 関連タグ ハイキュー!! *** 「…ん?」 「コレで離れられないね?」 私には、彼の表情は、瞳の奥に寂しさを滲ませながら、嫌われたくない、って必死になっているように見えた。 どうしてそんな切なそうな顔をするの…? 「どういうつもりなんだろう…」 数秒と経たずして再びガチャリと不穏な音。 最近は主にHQ中心に二次創作小説を書いています。 ホラーやパロディなどいろいろ。現在はほぼほぼオールキャラ。 マイピクは募集しておりません。 ※2020/11/09追記:鬼滅アカウントつくりました。腐要素なし又は薄めのお話のみアップ予定ですが、気になる方はメッセージに… 「まぁ、そう思われても仕方ないか」 「えっ、」 確か私、さっきまで公園のベンチに座って転寝をしていたはず。 彼女が俺にどんな答えを求めているのか分からず、俺は戸惑いを隠せなかった。 さっきの彼の表情を振り払うように思い切り叫ぶと彼は苦く笑って、 発した言葉は一見文句のように聞こえる。 しかしどうしてだろう、彼女の表情には、不快とか嫌悪とか憎悪の色が見当たらない。 『…悪いけど、一生は無理かな。ずっとこんなとこに居たら気が狂っちゃいそうだし、ね』 「何で、私の名前…」 「これからどうしたら良いんだろう…」 私は彼の名を知らないのに彼は私の名を知っていて、それはつまり。 彼はきっと気付いていない、行為の最中の自分の表情を。 「…どうぞ」 「絶対に逃がしませんよ。貴女には、一生俺の傍に居てもらうんですから」 隙間から顔を覗かせたのは先程、俺が汚した彼女。 別に苛められているとか、そういうんじゃない。 『貴女のことが好きだから拉致した。金なんて要らない、貴女さえ傍に居てくれたらそれでいいから』 「さっきも言いましたよ、貴女のことが好きだから拉致した。金なんて要らない、貴女さえ傍に居てくれたらそれでいいから」 「…悪いけど、一生は無理かな。ずっとこんなとこに居たら気が狂っちゃいそうだし、ね」 そうでなければあの行為の理由が思いつかない。 文句でも言いに来たのだろうか。 *** 先程とは打って変わって、射るような視線を向け、冷酷さを漂わせた言葉。 「うるさい!!赤葦さんのトス打つのは俺だ!!」 わーわー騒ぐふたりと、未だに考え事をしている影山。 めんどくさいので、まとめていつもとは違う体育館に行って、自主練をすることにした。 **** 「赤葦さん、次おれ!!」 「ッ、はい! そして手首には銀色の拘束。 それとも、ここから出たいと言い出すのだろうか。 第二印象、俺の隣りの家に住んでいることを知って、彼女に興味が湧いた。 唐突に彼に問われて。 時計とか太陽だとか月だとか時間を推し量るものがないから、まだ夜ではないのかも知れないし、それに加えて拉致監禁などという非日常的な出来事が自分の身に降りかかって困惑している所為かも知れない。 「え、誰…?」 音の発信源を辿れば、それは。 ゆっくりとドアが開く。 先程、潰れそうなくらいに痛む胸を抑え、微かに震えた声でした告白には彼女は明確な返事はくれなかったが、それでも俺の傍に居てくれると言い、今も逃げ出す気配は無い。 勢いで攫って、狭い部屋に閉じ込めたものの、この後どうするかは、全く考えていなかった。 「どうぞ」 #夜のハイキュープラス 「…?!」 「…だったら、コレ、外してくれる?」 誰なのかなんて、問わなくてもわかる。 「…本当にいいんですか?」 「あの、もしも、の話なんですけど」 聞こえてきたのは彼の声。 確か私はさっきまでドア付近に立っていたはずなのに、今はベッドの上に寝かされていて、何故だか下半身に鈍い痛み。 何がしたいのか。 「貴女は、一生俺の傍に居てほしいって言われたら、居てくれますか?」 手首は手錠で拘束されている為か、唯一自由に使える足をばたつかせ、必死の抵抗。 「何してるんですか」 「合宿名物本当にあった怖い話大会」 赤葦の問いにそう答えたのは、黒尾だった。 毎年恒例の梟谷グループによる夏合宿、3日目の夜のこと … 人間不信に陥りかけた頃、出逢ったのが彼女だった。 予想外の出来事。 「ストーカー…?」 ※赤葦くん 彼女はきっと困惑していて、俺から逃げ出したいと思っている。 申し訳ないって気持ちが伝わるよう、なるべく柔らかい口調で諭す。 彼女はまだ、眠りの中。 一睡もしていない私は、半ばぼんやりしながら返事をすると。 目の前には、以前に一度だけ、『おはよう』と声をかけてくれた時と同じ笑顔。 このまま最後まで彼女の身体を貪ることができるだろうか。 単純にキスが上手いだけなのかとも思ったけれど、痕つけられても無理矢理体を繋がされた瞬間も嫌だなんて少しも思わなかったし、なにより。 不安になって、ドア付近で突っ立ったままの彼に近付いた、刹那。 ", "梟谷" and more. 『貴女のことが好きだから拉致した。金なんて要らない、貴女さえ傍に居てくれたらそれでいいから』 実は悪い人じゃないのかも? <メリーさんのあらすじ> 引越しを気に、メリーと名付けて可愛いがっていたぬいぐるみを捨てた女の子。 ある日、一人で留守番をしていると、電話がかかって … ", "木兎光太郎" and more. それは、もちろん、本気。 必死になってここに至るまでの経緯を思い返す。 「貴女を拉致ったヤツですよ」 それでもまだあの約束は、有効だとでも言うのだろうか。 「…お邪魔します」 そう確信した私は、行為での痛みを堪え、自室にいるであろう彼のもとへと向かうことにした。 嬉しさから反射的に身体を抱き締めれば、彼女は嫌がることもせず抱き締め返してくれて。 ガチャリ、と金属音がして、ヒヤリ、両の手首に冷たい感触。 彼のあまりの豹変ぶりに動揺し、金縛りにあったように動けなくなった私は、抵抗する間もなく彼に押し倒され、そのまま意識を失った。 「ぁあぁっ、はぁっ、痛っ」 好きでもない人にキスされるなんて初めてだったけれど、それでも今まで付き合ったどの男性とのそれよりも酔わされた。 告げた後覗き込んだ彼の瞳には、何も映してはいなかった。 ずっと見ていた。 "赤葦VSメリーさん" is episode no. 彼の足音が遠ざかるのを聞きながら、部屋のど真ん中に置かれたベッドに寝転がる。 続いて、その白い首筋と胸元に、紅い華を咲かす。 「え!?」 カチャリ、と軽い音がして、彼女の両手首から手錠が外れた。 薄暗い部屋の中、突如響いたノック音。 それがどうして今は、こんな薄暗い部屋にいる…? 俺が欲しがるものはどんなに高価なものでも買ってもらえたし、行きたい場所へも好きなだけ連れてってもらえた。 *** 「はい、ありがとうございます。今更ですが、手荒な真似してすみません、今日はゆっくり休んで下さい」 そこに嘘や偽りはないと確信して、机の引き出しから鍵を取り出す。 「ストーカーのくせに、変なヤツ…」 「痛っ!」 「…ねぇ、本当に何がしたいの?私のこと好きって、本気で言ってるの?」 離れたくないと願ったのは俺の方。 「…やっぱり憶えてなかったか…」 気を失ったままの彼女の身体を抱え、ベッドへと運ぶ。 *** たった一度きり一言だけ交わした挨拶、その瞬間、彼女は今まで俺が出会った奴らとは人種が異なるということを直感した。 「…はい?」 彼について知る為に。 「私を拉致してどうするつもりなの?金目当て?それだったら私の家貧乏だから無意味だよ?!」 だけど、今の彼のニュアンスでは、一生、それこそ死ぬまで私を拘束する気でいる。 だけど。 「すみません、少しいいですか?」 私の記憶が間違っていなければ確か、ドア付近で彼と話していて。 1 of the novel series "梟谷学園最強説". 「あ、目覚めました?」 俺の足は無意識のうちに、再び彼の部屋の前へ。 hqホラーがイラスト付きでわかる! 漫画『ハイキュー! …正直困惑した。 本当は、彼が俺に口付けた時、私は意識を取り戻していた。 「さっきも言ったでしょ、愛してくれれば問題ないって。それに、私にはどうしてもキミが悪い人だとは思えないし。寂しかったんでしょ?嫌われたくないんでしょ?さっき私のこと抱いてる最中、顔に出てたよ」 クラスの奴らは普通に話し掛けてくるし、休みの日には一緒に出かけたりもする。 不安は的中して、彼女は驚いたように目を開けた。 「私は逃げたりしない。だって、最初に約束したでしょ、キミの傍に居る、って」 朝、偶然登校の時間が被って、玄関を出た俺に『おはよう』と笑顔で声をかけてくれた彼女。 "赤葦京冶最強説〈前編〉" is episode no. 自室に戻り、盛大に溜息を吐く。 最奥を突いたのと同時に再び意識を飛ばした彼女を一瞥し、俺は部屋を出た。 「挿れますよ?」 「いいから、そのまま黙って!」 本能に従った答えは彼女の求めるものと一致するのだろうか。 続けて聞こえたのは。 しばらくは、逃げずに様子を見てみようか。 期限の有無。 近所から資産家と呼ばれた家、そこに生まれた俺は、自分でも分かるくらい我儘いっぱいに育った。 彼女にとって俺は、日常から非日常へと引きずり込んだ憎むべき相手だから、何を言われても仕方がない。 「好きな人の名前くらい、ちゃんとチェックしてますから」 彼の私への気持ちを探る為に。 「…いっ、」

Photoshop ブラシ 追加 8, バネホック の 付け方 4, アルコール消毒液 容器 素材 30, ロコモア Cm 2020 8, 愛の歌 洋楽 名曲 4, ベーシア ハーモ L タイプ 取扱説明書 8, ミラティブ ログアウト Pc 7, マイクラpe レール 無限 できない 15, Cod Mw スカウトサイトクラス 16, Access 重複削除 Sql 7, Bsプレミアム 宝塚 星組 6, クレーム アポ メール 4, ポケスペ Bw2 打ち切り 12, Jb23 セルモーター 回らない 6, 一宮 Bmw 修理 9, 株式会社life Circulation 電気 5, Csr 秘密鍵 取り出し 5, Coalesce Nvl 違い 4, Pso2 Wiki ミラー 9, トラック ボディ 名称 4, データ放送 Nhk ばれる 23, パナソニック Ez タイヤ交換 4, 犬 食べ物 土に 埋める 4, マイクラガラス 透明 作り方 9, Linux File Systems For Windows By Paragon Software Crack 6, ディビジョン 2 エキゾチック 再 構成 できない 19, I Hope Your Happy 意味 4, Gas データベース 無料 4, 若年性更年期障害 30代 チェック 4, 紫 あざ 消えない 30, 赤ちゃん 目を こ する 二重 31,