最後の時間を大切に過ごすことが 納骨式は故人を供養するための大切な儀式ですので、しっかりとマナーや礼儀を守りたいところ。この記事では、納骨式について、準備や手順、当日の流れや押さえておきたいポイントについて解説してい … 3.真言宗の納骨時のお布施の渡し方 納骨時、お坊さんに包むお布施の相場は3万円から10万円ほどです。 一般的には3万円から5万円程度でよいとされていますが、格式の高いお寺や、自分の家が代々続いている旧家である場合には10万円ほどを包まなければならない恐れがあります。 宗教者を呼ばない新しいカタチの 4.今回のまとめ, そもそも納骨はいつ行われるのでしょうか?この時期も宗派ごとに異なるものなのでしょうか?まずは、これらの疑問について解説します。結論からいえば、納骨の時期は宗派ごとに特別決められてはおりません。 できるようお手伝いいたします。. そもそもお布施は、僧侶に対する感謝の印としてお渡しするものではありません。本来の意味では、その宗派の本尊に捧げるためのものとされております。そのため、どの仏事に際してもお布施は差出人の気持ち次第とされ、明確な金額が提示されることはありません。ただ、近年では僧侶の定額派遣サービスなどの登場から、ある程度の金額の目安が公となりました。これにより現在では、各法要のお布施の金額は3〜5万円が相場であるとされております。つまり真言宗の納骨に際しても、お布施には3〜5万円を包めば問題はありません。 お布施は、葬儀のときだけではなく納骨の際にも必要になります。ただ宗派ごとには正しい作法があるように、お布施を渡す際にも適切なマナーが存在します。真言宗の場合は、どのようなマナーがあるのでしょうか?今回は、真言宗における納骨時のマナーについて解説いたします。ぜひ最後までご覧ください。, 【目次】 読経(どきょう)や戒名(かいみょう)を頂いた謝礼として僧侶にお渡しする「お布施」ですが、お渡しする金額に決まった額はありません。, お寺様ごとに考えも異なるため、直接聞いてみるのが一番ですが、いくら渡すのが一般的なのか悩んだことはないでしょうか。, この記事では、納骨をするときにお渡しするお布施の金額相場や、渡し方のマナーなど、納骨のお布施に関する疑問を解決していきます。最後まで読んで、僧侶に失礼のないように納骨式を済ませましょう。, 一般的には3万円から5万円程度でよいとされていますが、格式の高いお寺や、自分の家が代々続いている旧家である場合には10万円ほどを包まなければならない恐れがあります。詳しくは、年配の家族に聞いてみるのが一番です。, ただ、この金額相場は、あくまで仏教の場合です。菩提寺(ぼだいじ)のある人、寺院墓地を購入した人、無宗教墓地ではあるが納骨式にはお坊さんを呼んだ人は、納骨時に以上のようなお布施を包むことになります。, キリスト教、神道では、包む金額が違ってきます。それぞれ、どのような金額になるか、みていきましょう。, キリスト教の場合、納骨をしてもらったときに神父や牧師に渡すお礼の目安は、1万円から5万円程度です。, ただし、納骨のときに教会墓地を使うための使用料を支払うこともあります。よって用意しなければならない金額の総額は、さまざまです。詳しくは教会に問い合わせましょう。, 神道の場合、納骨をしてもらったときに神職へ渡すお礼の目安は、3万円から5万円です。ただ、神社にお供え物を用意してもらった場合には、1万円から2万円ほどをプラスして包みましょう。, 神道の納骨に必要なお供え物は、米や魚、昆布など多岐にわたります。本来は施主(せしゅ)が用意すべきものですが、難しいときは神主側に用意してもらうことになります。そのとき、実費を含めたお礼が必要になるのです。, ここまで、仏教、キリスト教、神道の納骨について、それぞれお布施の相場をお伝えしてきました。「お礼の金額はわかったけれど、どう包めばいいの?」という方のために、次章ではお布施の包み方についてお伝えします。, 宗教者へのお布施を包むときには、いくつかの作法があります。袋や表書き、お札の入れ方について説明します。, お布施を包むための袋は、大きく2種類に分けられます。奉書紙(ほうしょがみ)と封筒です。それぞれ解説していきましょう。, 奉書紙にお布施を包む方法は、封筒に入れる方法よりも丁寧さがにじみ出ます。仏教や神道のお布施で奉書紙が使われます。, 厚めの和紙が内側に3つ折りされ、上下が折りたたまれて売られている奉書紙を、きっと見たことがあるでしょう。, 白黒、または白と銀の水引でくるまれている奉書紙は、そのまま納骨時のお布施に使うことができます。地域によっては、白と黄色の水引でくるまれている場合もあります。, 奉書紙にお布施を包む場合は、お札の表面を上にして中包みに入れ、中包みを奉書紙でくるんで、上下を折りたたみます。上下を折りたたむときは、とくにお布施の場合には、上側に下側をかぶせるようにしましょう。, 白の封筒に宗教者へのお礼を入れる場合もあります。郵便番号を書くための囲みなどがないものを選びましょう。, なお、封筒に水引がプリントされているものがあり、仏教や神道ではこれも使うことができます。キリスト教の場合は、水引のある封筒は使わないようにしましょう。, また、不祝儀用として白黒の花をプリントしてある封筒も売られています。蓮の花がプリントしてあったら、仏教でしか使えません。, 十字架やユリの花がプリントしてあったら、キリスト教でしか使えません。それぞれ注意しましょう。, お布施の表書きは、黒墨で「御布施」としましょう。とくにお葬式の香典には薄墨を使う傾向がありますが、お布施に関しては、黒墨を使います。, キリスト教式の場合は「御礼」や「献金」、神道の場合は「御祭祀料(ごさいしりょう)」とします。, それは、中包みまたは封筒からお札を出したときに表面を見えるようにし、肖像画が書かれてあるほうを上にするというものです。, お札を取り出した右手で、そのまま財布に入れるときに最もスムーズな向きをイメージすると、正しい向きが即座にわかるでしょう。, このお札の入れ方は、お布施の時に限らず、全てのケースで正しい向きです。一度覚えてしまえば、ずっとマナーを守れます。, お布施を渡すときには、明確なマナーがあります。簡単な所作ですので、覚えておくと便利です。お布施のマナーについてお伝えします。, お布施は、むき出しのままバッグに入れるのではなく、袱紗に包んで持参します。袱紗は、紫や薄緑など、弔事用のものを選びましょう。, そして、ご住職にお渡しするときには、ご住職の目の前で袱紗からお布施を取り出し、可能であれば黒いお盆に載せて渡します。, お布施は法要の始まる前に渡すのが丁寧であるとされます。法要がお寺で行われるときには、ご住職に挨拶をしたらまずはお布施を渡すようにしましょう。, しかし、法要会館や自宅で法要が行われる場合には、お布施は法要が終わってから渡したほうがいいとする考え方があります。法要の間、現金が誰もいない控室などに置き去りにされてしまう可能性が高いからです。, 法要会館や自宅で法要を行うときは、ご住職にあいさつをしたときに「お布施をお渡ししたいのですが、法要前と後とでは、どちらがよいでしょうか」 と、直接尋ねてみるのが一番いいでしょう。, 以上、お布施の渡し方について解説しました。納骨時には、お布施のほかにも必要な費用があります。, 納骨時、お布施以外に必要な費用は、ケースによってさまざまです。どんなケースに、どのような費用が必要なのかを解説します。, お寺から墓地までが遠い場合には、お車代として交通費に相当する金額を包みます。白封筒を使い、表書きは「御車代」とします。お車代の相場は5千円程度ですが、移動距離によって最適な金額を包むようにしましょう。, 納骨式と同時に会食が催された場合、ご住職が辞退されるようなら御膳料を包みます。白封筒を使い、表書きは「御膳料」とします。御膳料の相場は、5千円程度です。, ご住職が当日になって急に辞退された場合には、食事をそのままお弁当として包むこともあります。, 葬儀時に戒名についてのお布施を包まなかった場合には、戒名料を包みましょう。水引のついた奉書紙を使い、表書きは「御布施」とします。, 戒名料のためのお布施の相場は、10万円から100万円と、だいぶ開きがあります。どのくらい包めばよいかわからないときには、年配の親族などに相談してみましょう。, 納骨と同時にお墓の開眼供養を行ったときには、そのためのお布施を包みます。奉書紙でも白封筒でもどちらでも構いませんし、納骨のためのお布施にまとめてしまっても構いません。, 別々に包む場合には、表書きは「御布施」とし、右肩に「開眼法要」と書きます。相場は3万円から5万円程度です。, 納骨と同時に四十九日や百か日などの年忌法要を行った際には、法要のお礼としてお布施を包みます。納骨のためのお布施にまとめてしまって構いません。, ここで法要の相場についてご説明できればいいのですが、年忌によってもその相場は変わってきます。どんな場合に、いくらお布施を包めばよいのか、さまざまなケースと合わせて次章で解説します。, お布施を包むシーンは、納骨時にとどまりません。それぞれのお布施相場について紹介しましょう。, 以上のように、亡くなった日から一定の期間はお布施を厚めにする傾向があります。具体的な金額については、そのつど親族の年配者などに相談するのがいいでしょう。, お盆にご住職が自宅へ訪れる場合があります。そのときは、奉書紙か白封筒でお布施を包みましょう。お盆のお布施の相場も、日によって違ってきます。, 初盆のときには、普段よりも丁寧にお経をあげてもらえます。よって、初盆のお布施は金額を多めに包むのです。, お彼岸にお経を読んでもらうときにも、お布施が必要です。お彼岸のお布施の相場は、どこで法要が行われるかによって違います。, お墓の引っ越しをするときには、「今までお世話になりました」という気持ちを込めて、 お布施を少し多めに包むのが一般的です。, 20万円程度が相場ですが、お寺から具体的な金額を提示されるときもあります。「お布施の目安となる金額はありますでしょうか?」と、まずはお尋ねしてみましょう。, 以上、納骨のときのお布施について、また各種法要時のお布施の相場についてまとめました。, お布施の相場というのは、実はとてもデリケートな問題です。あくまで「気持ち」であるお布施に、「相場」を求めるのが正しいのかという議論があります。, 「いくら支払えばよいのか」と尋ねては、まるでモノの値段を聞くかのようで、お礼の金額について戸惑うこちらの気持ちが正しく伝わりません。, 「ぶしつけな質問ではありますが、お布施の目安はありますか?」などとし、「払う」「金額」「価格」「値段」といった、金品を表す言葉を使わないようにしましょう。, お布施は労働の対価ではなく、あくまでお気持ちとして渡すもの。そのため料金明瞭という性質のものではありません。しかし現代においては、「お気持ち」ほど厄介なものはなく、人によってはそれを「不親切」と捉えてしまうこともあるでしょう。そのため、「一般的には」といった形であっても、相場をお伝えするケースが増えています。セミナー等で、納骨時のお布施について参加者に問うと3万円~10万円という回答が多いようです。中には「ウチは10万円以下は受け付けない!」というかなり横暴な寺院も現実にありますが、そういった寺院はごく稀です。お布施の表書きや水引等、厳密には宗教・宗旨・宗派、地域によって異なるのでしょうが、一般的なマナーに準じた形で大丈夫です。, 株式会社エイチームライフスタイルは、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。, 世界初の技術!ご遺骨から作るダイヤモンドを手掛ける『株式会社ライフジェムジャパン』のご紹介, 人生の達人を輩出!お得な情報を提案する『一般社団法人 日本ライフマイスター協会』を紹介, 初盆(故人が亡くなって四十九日が過ぎてから初めてのお盆)のお布施の相場は3万円から5万円.
なお、現在ではさらに簡略化され、初七日は基本的に葬儀と一緒に営まれます。これによって葬儀とは唯一別に営まれる、中陰の法要である四十九日に納骨を行うのが一般的となったのです。

ただ、家庭や地域によっては、それ以外の時期に納骨をする場合もあります。したがって、あくまでも四十九日は一つの目安であり、納骨をしてあげたいと思った時期にすれば良いのです。現に納骨をせずに手元に残す手元供養や、故人を自然に還してあげるために散骨を選ぶ方もいらっしゃいます。納骨の時期に関しては、宗派は関係しませんので故人や自身の気持ちに従って決めましょう。, 納骨の時期には、宗派による違いは見られませんでした。では、お布施の金額はどうでしょうか。続いては、真言宗における納骨時のお布施の金額について見ていきましょう。さっそくですが、実はお布施に関しても宗派による決まりはありません。 ただ、四十九日に行う場合は、その分の法要代も含めますので6〜10万円が適する金額となります。また法要とは別に、僧侶に対してはお車代と御膳代も必要になります。なお、それぞれの金額は5,000〜1万円ほどが目安です。, お布施の渡し方は、最もマナーが求められる部分です。ここでは、真言宗のお布施の正しいマナーを確認しておきましょう。, どの宗派でも用いられる表書きは、「御布施」という書き方になります。真言宗の場合は、他にも「御経料」「御礼」といった書き方でも問題はありません。なお表書きは薄墨ではなく、濃い黒墨の筆で書くのがマナーとなります。また表書きの下には氏名を書きます。通常、お布施には表書きと氏名のみで十分ですが、より丁寧に書きたい場合は裏面に住所と金額を記載します。なお金額は旧漢字を用いて書きます。例えば、包む金額が5万円ならば「金伍萬圓也」となります。, お布施に包むお札には、奉書紙や白無地の封筒を用います。なお、より格式が高いのは奉書紙を用いたものになります。奉書紙を用いる場合は、お札を半紙で包んだ後に奉書紙でさらに包みます。白無地の封筒を用いる場合は、不幸が重なることを連想させないよう、二重ではなく一重のもので包むのがマナーとなります。ちなみに、お布施には水引を付ける必要ありません。, お布施を渡すタイミングは式の開始前と終了後どちらでも構いませんが、ただ単に手渡しでお渡しするのはNGとなります。お布施は、必ず袱紗で包むかお盆に乗せた状態でお渡しします。また、一言の挨拶も添えましょう。挨拶はマナー以前に、人と接する上での基本の行いです。例えば、開始前にお渡しするならば「ご足労いただきありがとうございます。本日はよろしくお願いいたします。こちらお納めください。」などの言葉を添えましょう。, 今回は、真言宗の納骨のお布施についてご紹介いたしました。真言宗とはいっても、納骨の時期やお布施の金額には決まりはなく、特別なマナーも存在しません。ただ逆に見れば、それらはどの宗派でも共通していることになります。中でもやはりお布施のマナーは重要です。僧侶は、その宗派を代表し故人を供養してくださります。そんな僧侶に失礼のないよう、ぜひ今回ご紹介したマナーをしっかり覚えておきましょう。, お坊さんのいないお葬式は、 とはいえ、一般的には四十九日の法要に合わせて行われることが多くなります。というのも仏教では、中陰という死者が新しく生まれ変わるために裁きを受ける期間があると考えられており、その期間を終える満中陰と呼ばれる時期こそが四十九日に該当するのです。また、本来ならば中陰では七日ごとに法要を行いますが、現代では初七日と四十九日の法要のみを営むことがほとんどとなりました。 4.今回のまとめ, 納骨のお布施には、どのくらいの金額を包めば良いのでしょうか?適当な金額を包むことも、お布施のマナーの一つです。まずはこれについて見ていきましょう。一般的に法要のお布施には、3〜5万円の金額を包むのが妥当であるとされております。納骨においても納骨式および法要が営まれますので、同じ金額となります。ただ、これはあくまでも目安の金額です。もちろん、宗派によって特別金額が定められているなどということはありません。 1.真言宗の納骨はいつ行う? ちなみに僧侶のお車代には「御車代」、御膳代には「御膳代」を表書きに書きます。, もちろん他の宗教となると、仏式の場合と表書きの書き方は異なります。具体的には神式の場合は「御祭祀料」や「御玉串料」、キリスト教式の場合は「献金」「御花料」「御礼」のいずれかを書く形になります。なお、その他の部分に関しては仏式と同様の書き方となります。またこれらの場合でも、お車代と御膳代を用意し仏式と同様の表書きを書いてお渡しします。, ここまで、お布施の金額や表書きについてご紹介しましたが、その渡し方にも注意しなければいけない点が存在します。ここで納骨のお布施の渡し方もしっかり確認しておきましょう。
おくり方により、故人様との 2.納骨のお布施の表書きについて お葬式「想送式」を提案しています。 真言宗の納骨はいつ行う? そもそも納骨はいつ行われるのでしょうか? この時期も宗派ごとに異なるものなのでしょうか?まずは、これらの疑問について解説します。 3.納骨のお布施の渡し方 お葬式「想送式」を提案しています。 読経や焼香に代わるこれまでにない


猫 体重 痩せすぎ 5, 土屋 太 鳳 小さい頃 8, Dqmj3p 根に持つタイプ 対策 19, 探偵ナイトスクープ 長原成樹 ガオーさん 13, Etc電源 Usb 化 6, 中村江里子 フランス語 Youtube 9, 金八先生 第8シリーズ 生徒 4, マイクラ ブランコ 動く 12, Twitter Web版 ログイン 10, 球速 成人 男性 6, Rdr2 伝説の動物 盗品商 7, 流山おおたかの森 ブログ もりきち 12, 新八 2年後 強さ 12, Nhk 正月 ドラマ 2020 4, 子宮体癌 リンパ節郭清 後遺症 4, 名古屋市 中川 区 公立 保育園 18, 柴苓湯 ツムラ クラシエ 違い 6, Dasada 1話 デイリーモーション 9, 授乳中 手 バタバタ 9, アルファード ディスプレイオーディオ 配線図 45, ゲームでキレ る 息子 6, マリオカートツアー ポイントアンロックチケット 入手�% 24, Good Job 攻略 402 30,