あっ、スペックは公式サイトを御覧くださいね。とはいえ、正直ロジクールのマウススペックは十分すぎるほどですので、公式スペック表を見て我々が一番気にしなくてはならないとこ … 超低摩擦なので大きいスワイプでのゲーミングの疲労を軽減します。 マークもけっこう派手ですね。マウスパッドはしっかりしていて長く使えます。, Razer Firefly Clothは品薄になっており中古で価格的に4千円ぐらいで販売している場合があります。, Razer マウスパッドはキーボードをのせるタイプがおすすめです。 eスポーツは仕事ではなくて「ゲームの楽しみ」なので光ったりするのも大事なんです。, Razerの関連記事 マウスを動かす時にスムーズで大きく動かしてもコントロールしやすい仕様です。, クロスのマウスパッドで、ほつれを防止するためのスティッチ加工されています。 2017年頃から2020年まで続々と新しいタイプのイヤホンをだしています。

機能的で使いやすくなっており、表面に特殊なコーティングがされています。 定番のゲーミング用のマウスパッドでおすすめです。 洗濯のように洗ってしまって、金属製のマウスパッドが曲がってしまうと使えなくなってしまいます。, 2020年6月の時点で最新のマウスパッドはRazer Gigantus V2ですね。

快適につかえてコストパフォーマンスが良いのでおすすめです。, Razer Firefly マルチライティングハードマウスパッドです。 ローセンシ→後ろ接点掴み、後ろ接点かぶせ 1,680 万色のカラーで光ります。ライティングでもゲームを楽しみたいかたにおすすめです。 固く絞った雑巾などで汚れを拭くようにしましょう。 マウスパッドの表面はセンサーのトラッキングが応答性を高めるためのコーティングされています。

ゲーミングマウスは、一般的なマウスよりも高精度なセンサーを搭載した、ゲーム用のマウスです。ボタンの反応速度が速く、素早い動きにも正確に対応できるため、ゲームを快適に進行できます。遅延やノイズが少ない有線タイプと、無線で接続できるワイヤレスタイプがあります。 RazerのマウスパッドGigantus V2も購入できるようになっています。 >>Razer Hammerhead Pro V2のレビュー, ゲームで目を守るためのゲーム用メガネもリリースしています。 マウスとマウスパッドのセットになっており、自動的にマウスパッドからマウスに給電されます。, マウスはバッテリーを搭載していなくても動くような仕様になっており、重さ96gと軽量です。マウスパッドはハードとクロスの両方が使えるようになっています。, 写真だとコンパクトなマウスパッドに見えますが、現物はA4サイズよりも一回り大きいです。 2015/1/10 クロスなのでマウスコントロールが滑らかです。 重量: 132g: サイズ(高 … 裏側はスリップ防止のラバーの加工になっています。, Razer マウスパッドで「クロス」といえばRazer Firefly Cloth Editionのことになります。 商品モデル番号:RZ02-02500100-R3M1, Razer Goliathus Cosmicは、サイズが4種類あり、価格も大きさごとに変わってきます。, 価格はAmazon 2020/9/18の時の記録です。Mサイズ、Lサイズ、EXサイズは売り切れています。小型サイズ、中型サイズ、大型サイズまで選べますが人気がある大きさから売り切れています。大きいサイズはデスクも広い方がマウス操作しやすいです。, 大きめのマウスパッドは軽いマウスで手首で操作するような場合に、マウスを動かすスペースを確保できて便利です。, Razer Goliathus Cosmic Extendedのレビュー 人間工学に優れたゲーミングマウスということですね。, Razer DeathAdder Eliteはマウスパッドとの相性も抜群です。 ウサギのキリッとした表情がゲーマーのこころをくすぐります。 2015/12/19 Razer Chromaに対応しておりカスタマイズが可能になっており1,680万色で光ります。ライティングは19のライティングゾーンでパターンを好きなタイプで選ぶことができます。, マイクロテクスチャで表面が加工されているので、マウスの精度を最大まで高めることができます。マットの裏側にはラバーが付いており滑り止め加工されています。, Razer Sphex V2 Mini ゲーミングマウスパッドは、レーザーマウスやオプティカル(光学式)マウスに対応可能です。 Razerのマウスでは、Razer Viper ゲーミングマウスがおすすめです。 WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". 薄いマウスパッドでも1.5mmぐらいの厚みがあるので中途半端にキーボードがのったりすると、不安定になります。, Razerのマウスパッドは素材によっても違うのであまりじゃぶじゃぶお湯や洗剤で洗うのはおすすめしません。 また、Razerからは「Ergonomic Wrist Rest Pro」というキーボードのリストレストも出ています。, Razer キーボードはマウスパッドと同じようにゲームの操作性が快適になる重要なアイテムですね。, RazerのゲーミングPCはFPSなどのガンシューティングゲームが快適に楽しめます。. サイズは420 x 320 mmでDPIが低いマウスでも動かすスペースを気にせずに使えて良いですね。, Razer Gigantus V2 ゲーミングマウスパッドは2020年最新のゲーミングマウスパッドです。 Razerカラーのグリーンのフレームがファンにはたまらないアイテムになっていますよ。 ほつれ止めに周囲はステッチ加工されており、裏側は滑り止めのゴムースになっています。, レイザーらしいグリーンのロゴが入っているデザインです。 ゲーミングマウスのセンサーが正確に読み取れるようになっています。, Razer Goliathus Mobileのマウスパッドは1.5mmと薄くて丈夫なハードにゲームをする方向けのマウスパッドです。 高機能で有線とワイヤレスがあります。マウスパッドとそろえるとカッコいいですね。, Razerでいま一番話題があるのがゲーミングイヤホンです。 マウスパッドの切り口がかっこいいです。, SteelSeriesのゲーミングマウスも高機能だし、Razerのゲーミングマウスならエルゴノミックがおすすめです。 サイズ:高さ x 0.45 幅 x 35.5 奥行 x 25.5 (cm) FPSゲーマーで有線マウスを使い「マウスコードが邪魔」と感じている方、そんな人におすすめなのがマウスバンジーです。マウスコートホルダーと... パソコンでFPSをする時にはスペックがゲームに合っていないと快適にプレイすることが出来ません。 ハイセンシ マウス おすすめ マウスパッド中央にマウスを置いて横いっぱいで振り向けるのがミドルセンシ、半分かもう少し進むぐらいの振り向きに余裕をもたせたのがハイセンシ、振り向きの機動性を捨てて前方90-170度の範囲に集中するのがローセンシ。 3mm(M & L)と 4mm(XXL & 3XL)があります。, Razerのゲーミング用のマウスパッドといえばRazer Firefly V2です。, マウスパッドにはケーブルキャッチが付いておりケーブルが絡まないように管理することができます。 洗剤はマウスパッドに残らないように最後にぬる湯で絞った綺麗な雑巾で洗剤が残らないようにします。, 今は発売中止になっていますが、RazerからはIroncladという白い金属製(アルミ)のマウスパッドも販売してました。 ・滑りが良いので使いやすいですね。Mサイズを使っています。

ゲームのプレイには良いマウスとパッドの両方が必要です。, Razer マウスパッドをゲームのやりやすさとレビューの評価からおすすめのランキングしました。, ネットのレビューの数などを基準に順位付けをしましたが、Razer Gigantusが使いやすくでダントツの1位でしょう。 Razer Gigantus(RZ02-01830200-R3M1)はローセンシ向けのゲーミングマウスパッドで、激しいプレイをするゲーマーさんにおすすめです。 サイズは縦44.5 x 横44.5(cm)の正方形で、5mmの少し厚めの高密度フォームのマットになっています。

ハイセンシプレイヤーが最初に選ぶマウスはG502が良いと思う。 G502は他と比べると重いゲーミングマウス.

Razer Chroma 対応しており「Synapse 3」によりデバイスが異なる場合でもイルミネーションパターンを同期させたりカスタマイズも可能です。, ビルトイン・ケーブルキャッチで余分なケーブルがまとわり付いて邪魔になるのを防ぎます。 重量は617gです。, 2020年に出たばかりのRazer Acari ゲーミングマウスパッドです。摩擦率が低くなるようにデザインされており、ハードタイプの薄型です。 ・マウスの操作がしやすくよく滑ります。 Razer Chromaに対応しておりカスタマイズが可能になっており1,680万色で光ります, 6位:Razer Goliathus Fissure Small Control クロス, 7位:Razer Goliathus Chroma – LED搭載の布製 ゲーミングマウスパッド, 8位:Razer Goliathus Cosmic Extended (Speed) マウスパッド, 9位:Razer Invicta Gunmetal Edition Mouse Mat, 12位:Razer Firefly Cloth Edition マルチライティングゲーミングマウスパッド, 13位:Razer Mamba + Firefly HyperFlux 充電不要のマウスパッド・システム, 15位:Razer Goliathus Extended Chroma Mercury White ゲーミングマウスパッド, 18位:Razer Goliathus Control Soft Gaming Mouse Mat. 海外でも人気のマウスパッドで使いやすい大きさです。 ゲーミング関連の商品を多く作っておりRazerはゲーマーからの信頼もアツいですね。 サイズは、S (215×270 mm)、M (254×355 mm)、L (355×444 mm)、EX (294×920 mm)から選べます。 大きいマウスパッドはマウスの位置を気にせずに使えるメリットがあります。, ノーボードをのせるのか、キーボードを避けてマウスだけをのせるのかサイズを測ってマウスパッドのサイズを決めましょう。 27×21.5cmでパッドの厚みは0.15cmなのでA4サイズより一回り小さいぐらいですね。, 1,500円ぐらいで買えるマウスパッドですがスピードもコントロールもしやすくなります。 小型サイズのマウスパッドでハイセンシでプレイするのに最適ですね。, マウスパッドのサイズ:255 mm (縦) X 355 mm (横) X 3 mm (厚み) ・マウスパッドは新品の時にはゴムの臭いがしますが、臭いはだんだん消えるので大丈夫です。, Razer Invicta Gunmetal Editionはおしゃれなマウスパッドです。 本当にあくまで目安ですが、安定感とコントロール性で持ち方を決めると以下のようになります. 無線マウス、有線マウス。軽いマウス、重いマウス。穴だらけでチーズみたいなマウス。 ... スポンサードリンク ©Copyright2020 オススメPCドットコム.All Rights Reserved. USB接続で光るゲーミングマウスとして人気があります。, Razer Synapseに対応しており、Razer Chromaでライティングのカスタマイズが可能です。 bushi. ややグレーがかっており「MERCURY EDITION」で限定カラーのモデルです。, Razer Chromaに対応しておりイルミネーションパターンの同期に対応しています。素材の表側はマイクロテクスチャ仕上げになっているクロス(布)製で、裏側はスリップ防止のラバー素材で滑りにくい仕様です。 特にFPSなど3Dゲームをする際に必ず... 今回はFPSにおすすめのゲーミングキーボードを紹介していきます。低価格なものからFPSプロが使う良性能のヘッドセットまで、いろいろなものを解説しています。性能の良いヘッドセットを使うと、安定してゲームで勝ち続けることができます。, FPSにおすすめの人気ゲーミングモニターを紹介していきます。FPSでゲーミングモニターを使うことによって、画面がヌルヌルになり、AIMがしやすくなってさらに撃ち勝てるようになります。FPSで勝ち続けるために良いゲーミングモニターを使ってみましょう!, FPSにおすすめの人気サウンドカードを紹介していきます。サウンドカードを使用することによって、音質が向上し、マイクの音もクリアになります。またイコライザーで足音やジャンプ音を大きくすることも可能です!, FPSにおすすめの人気ゲーミングマウスを紹介していきます。あなたに合うゲーミングマウスを選べば、きっとキレイなAIMに成長できるでしょう。「撃ち勝てないなぁ」と悩んでいる人も、マウスを替えて練習してみましょう!, 今回はFPSにおすすめの人気ゲーミングマウスパッドを紹介していきます。ゲーミングマウスパッドを使うことで、マウスがスイスイと快適に動くようになります。あなたのAIMをサポートしてくれるデバイスです。. esportsでゲーマーの定番といえるシリーズです。, レイザーの人気のマウスパッドです。 ゲーミングマウスは、一般的なマウスよりも高精度なセンサーを搭載した、ゲーム用のマウスです。ボタンの反応速度が速く、素早い動きにも正確に対応できるため、ゲームを快適に進行できます。遅延やノイズが少ない有線タイプと、無線で接続できるワイヤレスタイプがあります。FPSゲームやフォートナイトなどのAPEXゲーム、対人対戦型のMMOゲームなど、プレイ内容に合った商品を選ぶのがおすすめです。今回は、ゲーミングマウスの選び方と、ロジクールなどのおすすめ商品を紹介します。, ゲーミングマウスは、素早い動きに正確に反応できるように設計されているマウスです。一般的なマウスより高精度のセンサーやスイッチを搭載しており、反応速度が速いので、目的の動作が素早く確実に行え、ゲームを快適に進行できます。ボタンの数が多くて、それぞれのボタンにプログラミングできるタイプも多く、良く使う操作をマクロ登録することで、ゲームの操作を効率良く行えます。一般的なマウスでもゲームは楽しめますが、オンライン対戦型のゲーム、シューティングゲームなど、マウス操作の確実性や素早さが勝敗を左右するゲームにおすすめです。, 主人公の視点で進行するFPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)は、正確で素早い動きができるかが大切です。特に、敵に銃の照準を合わせるAIM(エイム)の正確さが重要なので、FPSをプレイするときは、ゲーミングマウスの精度や反応速度を重視して選びましょう。マウスを動かす頻度も高いので、軽量で動かしやすいタイプを選ぶことで、手が疲れにくく、長時間の連続プレイも快適に楽しめます。, MMOは、複数のプレイヤーがオンラインで同時に楽しむゲームです。プレイするゲームの種類によっては、マウスだけでなくキーボードも使って、複数の操作をマルチタスクでこなす必要があります。MMOのプレイには、ショートカットが多数登録できる、ボタンの多いゲーミングマウスがおすすめです。中でも、良く使う操作をショートカット登録できる、マクロ機能付きの商品は、頻繁に使うコマンドをボタンを押すだけで簡単に呼び出せるため、効率的にプレイできます。, 有線タイプのゲーミングマウスは、遅延やノイズが少ないのが特徴です。FPSなどの、正確な動作が要求されるゲームを安定して楽しみたい方や、少しでもゲームを有利に進行したい方には、有線タイプがおすすめです。USBポートにケーブルを差し込むことで駆動するため、途中でバッテリーや電池切れをする心配がなく、長時間のプレイにも向いています。, ワイヤレス(無線)タイプは、ケーブルがないので操作の自由度が高く、断線の心配もないのが特徴です。一方で、電波干渉によって、入力の遅延や接続の途切れなどが生じる場合もあります。中には、独自の無線規格を採用し、接続の安定性を確保している商品もあります。電池や充電が切れると途中で使えなくなるため、バッテリーの残量には注意が必要です。, ゲーミングマウスには、色々な形状や大きさの商品があります。自分の手の大きさや、持ち方に合った形状を選びましょう。人間工学に基づいて設計されたエルゴノミクスデザインなど、手首への負担を軽減でき、指先や手のひらのフィット感が高い商品も販売されています。, ゲーミングマウスは、1秒間に伝達できる情報の伝達速度を示す、レポートレート(ポーリングレート)の数値が高くなるほど、素早い動きに対応できます。一般的なマウスのレポートレートは125Hzですが、有線タイプのゲーミングマウスは、500~1,000Hzの商品が多いです。ワイヤレスタイプは、それぞれの無線規格によりレポートレートが異なります。中には、プレイするゲームの種類に合わせて、レポートレートの値を変更できる商品もあります。, ゲーミングマウスのボタンの数は、商品によって異なります。動きの素早さが重要視されるFPSには、ボタン数が3~5個タイプがおすすめで、短い時間で多くの入力が必要なMMOは、ボタン数が10以上あるタイプがおすすめです。ボタンが多い商品は、ボタンにプレイ中に良く使う操作を割り当てて登録したり、ショートカットキーとして使うこともできるので、操作の効率が上がります。ただし、ボタンの数が多くなると本体の重量も重くなるので、操作性なども考慮して選びましょう。, ロジクールは、キーボードやマウスなどのコンピューター周辺機器を手がけるメーカーです。ゲーミングマウスのGシリーズには、最先端の技術力を駆使した、高精度で操作性の高い商品が多くあります。無線通信の安定性にこだわりがあり、独自のLIGHTSPEEDワイヤレスは、無線の欠点である遅延が発生しづらく、有線を超える転送速度を実現しています。, レイザーは、ゲームデバイスの専門メーカーです。読み取りセンサー(DPI)の感度の高さや、スイッチの耐久性の高さが特徴です。縦型で握りやすい、人間工学に基づいたエルゴノミクスデザインなど、スタイリッシュなマウスを多数販売しています。オムロンと共同開発の、オプティカルセンサーを搭載したモデルは、センサーの反応速度が速いので、FPSプレイヤーにおすすめです。, スティールシリーズは、ゲーミング周辺機器やアクセサリーの専門メーカーです。有線タイプがメインで、ほかのメーカーよりもマウスの種類は少ないですが、全てのモデルが操作の正確性を重視した設計です。FPSやMMOなど、プレイしたいゲームに合わせてカスタマイズできます。全商品に両利き用の商品があるので、利き手を問わずに使えます。, 有線タイプのゲーミングマウスです。人間工学に基づいた、手への負担感が軽減できるエルゴノミクスデザインを採用しています。重量わずか87gの超軽量設計で、動かしやすいので長時間のゲームも快適に楽しめます。Hero16Kセンサーを搭載し、感度が高いため、正確な動きが必要なFPSゲームにも対応できます。マクロ機能搭載で、6個のボタンに良く使うコマンドを割り当てて使えます。, ワイヤレスタイプのゲーミングマウスです。ロジクール独自のLIGHTSPEED規格対応で、ワイヤレスタイプですが遅延や途切れが生じづらく、有線接続よりも速い接続を実現したモデルです。プロのゲーマーの意見をもとに設計されており、軽量で操作性が良いので、正確な動きが要求されるFPSゲームのユーザーにおすすめです。左右のボタンは取り外しが可能で、プレイスタイルに合わせて好みの数だけ設置できます。, ウェイトで重量の調整が行える、有線タイプのゲーミングマウスです。付属の2g、4gのウェイトで、本体と重量のバランスが自由にカスタマイズできます。高精度のHERO 16Kセンサーを搭載し、DPIの値は100~16,000の範囲で設定できます。11個のボタン搭載で、良く使うコマンドや操作をマクロ登録し、効率の良いプレイが楽しめます。バックライトの色が約1,680万色から選べます。, マクロ登録が可能な11個のボタンを搭載した、有線タイプのゲーミングマウスです。耐久性が高く、7,000万回のクリックにも耐えられます。超高精度な20,000DPIのオプティカルセンサーを搭載し、マウスの微細な動きも見逃さないので、FPSゲーム時の正確なエイムをアシストします。底面のダイヤルで、マウスの重量をカスタマイズできます。マウスの動きを妨げない、柔軟なケーブルを採用しています。, ワイヤレスタイプのゲーミングマウスです。独自の高速通信規格Razer HyperSpeed採用で、周囲の周波数をミリ単位で感知し、電波干渉を受けづらいので、高速で安定した接続ができます。軽量設計手首や指に負担がかかりにくく、高精度のセンサー搭載で、細かい動きにも素早く反応できます。1度の充電で最大70時間の連続使用が可能です。7,000万回のクリックに耐えられる、耐久性の高い商品です。, ワイヤレスタイプのゲーミングマウスです。付属の4種類のウェイトで、重量や重心を好みのバランスにカスタマイズして使えます。高速充電機能搭載で、わずか5分の充電で約3時間の連続使用が可能です。独自のワイヤレスシステム搭載で、低遅延かつ安定性のある接続を実現しています。2つのセンサーを組み合わせたデュアルセンサー搭載で、正確で確実な情報の伝達ができます。, 有線タイプのゲーミングマウスです。左右対称の形状で両利きに対応しており、軽量設計なので、手の疲労を軽減します。チルドトラッキング機能搭載で、マウスを傾けて角度をつけた動きにも正確に反応します。耐久性の高いメタニカルスイッチを採用しており、6,000万回以上のクリックにも耐えられます。CPIの値が50-18,000の間で50間隔で設定でき、プレイ内容に合わせてマウスの反応速度が調整できます。, 最大350時間の連続プレイが可能な、ワイヤレスタイプのゲーミングマウスです。マクロ機能搭載のボタンが7個ついており、良く使うコマンドがマウスにプログラミングできます。最大16,000DPIの高精度なセンサーを搭載しており、FPSゲームのプレイ時も素早くて確実な攻撃ができます。有線、無線、充電中など状況を問わず、常にレポートレートが1,000Hzなので、安定した反応速度が持続します。, 有線タイプのゲーミングマウスです。マウスには珍しい静電容量無接点方式を採用しており、意図せずにダブルクリックになってしまうチャタリングが発生しづらいので、プレイ中の素早いクリックを、より確実に認識できます。クリックしたときの指へのあたりが柔らかく、静音性が高いのも特徴です。夜間でも周囲に気兼ねせずにプレイできる、音の静かなマウスがほしい方におすすめです。, プログラミング可能な17個のボタンを搭載した、有線タイプのゲーミングマウスです。特許取得の「Key Sliderシステム」搭載で、サイドの12個のボタンが自分の手に合わせてベストな位置に調整できるので、親指だけでの操作も可能です。最大18,000DPIの高精度なセンサーを採用しており、DPIの速さはプレイ内容に合わせて調整できます。マルチタスクプレイの多いMMOゲーム用におすすめです。, ワイヤレスタイプのゲーミングマウスです。Qi対応のワイヤレスデバイスを使って、無線充電ができます。グリップしやすい独自の曲線デザインで、指にフィットして使いやすい形状です。最大解像度18,000dpiの高精度センサを搭載しており、解像度はプレイ内容に合わせて調整できます。プログラミングボタンを8個搭載しており、良く使うコマンドが登録できます。バックライトの色が、パーツ毎に変えられます。, 有線タイプのゲーミングマウスです。縦長で大きめのデザインなので、手が大きい方におすすめです。PMW3360センサー搭載で、マルチスクリーンや、4Kモニターに対応が可能です。ポーリングレートが1,000Hzで、手の細かい動きにも正確に反応します。6種類のボタンすべてにマクロ機能搭載で、自由にプログラミングができます。LEDライトが独立しており、プロファイルやDPIレベルが簡単に確認できます。, ゲーミングマウスパッドは、スムーズにマウスを動かせるマウスパッドです。ゲーミングマウスパッドの選び方や、おすすめ商品を紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。, プロゲーマーも愛用しているゲーミングマウスパッドは、FPSなどのPCゲームを快適にプレイする上でおすすめのアイテムです。ハードタイプやソフトタイプといった素材タイプのほか、デスク全体を覆えるほどの大型のものや、アニメのイラストがデザイン…, G ゲーミングマウス HEROセンサー エルゴノミクスLIGHTSYNC G403h, Viper Ultimate ゲーミングマウス RZ01-03050100-R3A1, SCIMITAR RGB ELITE ゲーミングマウス CH-9304211-AP, DARK CORE RGB PRO SE Wireless ゲーミングマウス CH-9315511-AP, COUGAR クーガー Revenger ゲーミングマウス CGR-WOMI-REV.

EXだとキーボードごとのせて使えますね。, Razerの光るゲーミングマウスパッドで、Goliathus Chromaの表面はマイクロテクスチャ仕上げになっている布タイプ。 サイズも豊富なのでゲーマーの方には使ってみることをおすすめします。 4スタンス理論で神エイムを手に入れよう。 体にあっているマウスの持ち方、感度、おすすめのマウスなどをご紹介します。 Apex CoD rainbow six seige fortniteなどなど ゲーミングマウス, マウスはFPSでエイムを大きく成長させるカギとなるので、しっかり選んでいきましょう。, マウスには大きく分けて「光学式マウス」と「レーザー式マウス」の2つのタイプがあります。, 結論から言いますと、ゲーミングマウスにおいて光学式やレーザー式にこだわる必要はありません。これら2つに大きな違いはなく、人気のゲーミングマウスなどを見ても、光学式とレーザー式の割合は同じです。, マウスには、「右」「左」「両」利き用のマウスがあります。右利き用のマウスであれば、右手に馴染みやすく、フィットしやすい形になっています。, ということは「右利きの人は右利き用のマウスを使うべきなの?」と思うかもしれませんが、そうではありません。両利き用のマウスでも、右利きや左利きの人に十分な使いやすさがあります。, 左利きの方には、こちらの左利きの人がゲーミングマウスを選ぶ時のポイントという記事がおすすめです。, ゲーム内のセンシである「振り向き」の長さによって、マウスの重さを選ぶことが好ましいです。振り向き5~10cmのハイセンシの人は少し重いマウス、逆に振り向き20~30cmのローセンシの人には、少し軽いマウスがおすすめです。, マウスが軽いと、移動がスッとしやすく、重さによるストレスが無くゲームをプレイできます。ローセンシプレイヤーの場合は必然とマウスを多く移動させる必要ができるため、軽いマウスが適しています。, スナイパーを使っている人はローセンシが多い傾向にありますね。AVAのスナイパー専として有名なAk~ayS氏は軽いマウスで有名のSteelSeries Sensei RAW Frost Blueを使用中です。, 重いマウスのメリットは、重量が程よくあることでマウスが余計に動きにくく、ハイセンシでもAIMが安定することです。重い、と言ってもマウス移動が面倒に感じるほど重いわけではありません。軽いマウスに比べて若干重量がある、というだけです。, AVA世界2位経験のあるDarkよっぴー氏は、重いマウスであるSteelSeries Rivalを使用中です。, こちらのゲーミングマウスは有線が良いという記事でも書いたように、ゲーミングマウスは有線がおすすめです。無線のマウスは遅延やバッテリー切れが怖く、まともに使えません。, 最近では、無線のゲーミングマウスとしてSteelSeries Sensei Wirelessが発売されましたが、やはり遅延が問題点となり、売れ行きはあまり良くありませんでした。, Sensei Rawというマウスには2つ種類が用意されており、Sensei RAW Frost BlueとSENSEI [RAW] Rubberized Blackがあります。, 前者のFrost Blueはマウスの表面がつるつるしており、手汗をかくとマウスが滑ってしまうというデメリットがあります。しかし後者のRubberized Blackというバージョンでは、マウス表面がラバライズ(ゴム加工)されているので、手汗をかいてもマウスが滑らないのです。, このように自分の「手汗のかき具合」も見極め、マウスを選ぶことが重要となっています。, センシや利き手によって惑わされ、悩みすぎてしまうのも良くはありません。ハイセンシの人でも軽いマウスを使っている人もいますし、ローセンシの人で重いマウスを使っている人も少なからずいます。, 店頭などでマウスを実際に触れれば一番よいのですが、ゲーミングマウスを揃えるために店に行くのも手間だと思います。今回述べた内容は、あくまでネットで購入する判断材料だと捉えてください。, 今回はFPSにおすすめの人気ゲーミングキーボードを紹介します。ゲーミングキーボードは、キーの押し心地がとても快適になり、そしてキーを速く押せるなどのメリットがあります。FPSでは重要と言われているデバイスの1つです。.



バニラvisa Kyash チャージ 7, ドラゴンボール超 63話 感想 8, 全粒粉 パン 仙台 5, Ae 3d レイヤー 描画モード 7, Teams Pdf 印刷方法 18, また不明な点が ありま した 際は 連絡 質問 させ ていただきま% 23, マクロ Vlookup 複数シート 8, プラド ガソリン 加速 8, 二人だけの世界 歌詞 水川 5, Gratina 4g 初期化 24, ポケモンgo サカキ スイクン 4, ボルト アマド 正体 32, スイッチ フレンド ブロックされたら 8, コクヨ Joifa606 分解 10, Hold You 意味 4, 林高遠alc ビスカリア 違い 37, Bintroll みんしる 小説 15, ドラクエ5 アークデーモン おすすめ 44, リフ編み バッグ 作り方 4, U 字 溝 捨てコン 5, エリコン 2 カバー 4,