Copyright © 2016-2020 ペットナビ All Rights Reserved. コーンスネークはハンドリングしやすいヘビなのでハンドリングのタイミングを間違えなければ神経質ならなくてもいいと思いますよ。 ハンドリングのタイミングの最低限のルールは、エサをあげた後の1日と脱皮前の一週間を避けることですね 。 記事が参考になったという方は ペットピッ!HOME / 爬虫類 / コーンスネークの寿命と、病気のサイン・予防法を解説!, 動物の寿命は種類によってさまざまです。今回は【コーンスネーク】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、ペットとできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。, そこで、コーンスネークのかかりやすい病気やその予防法、ペットの種類に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。, コーンスネークは野生だと2年で成熟し6年~8年程度の寿命ですが、ペットとしての飼育環境だと10年~15年の寿命になります。, ヘビの中でもコーンスネークは寒さに弱く、冬場ではパネルヒーターなどで温度調節をする必要があります。, ただしパネルヒーターでケージ全体を温めてしまうと、暑くなったときにコーンスネークが逃げる場所がなくなってしまうので、パネルヒーターはケージ床の面積1/3から半分くらいの大きさにしましょう。, コーンスネークに与える餌は冷凍マウスで、餌の量はコーンスネークの胴体の太さを目安にしましょう。, ヘビは触れ合うことはできますが、飼い始めて間もない頃に必要以上の触れ合いがあるとストレスを抱えてしまいます。, また餌を食べた後に触るとお腹を刺激して吐いてしまう原因になるので、餌の後の触れ合いはやめましょう。, 脱皮不全はケージが乾燥しやすい冬の時期に、湿度が足りずうまく脱皮できない現象がおこります。, ケージ内の温度が低かったり、掃除を怠って不衛生にしていることなどが原因で発症します。, マウスロットは拒食症になって栄養不足になったり、呼吸がままならなくなったりと万病の元です。, 自分で治癒できるものではありますが、環境が整っていなかったり免疫力が下がっているこだと治癒できないため早めに獣医に連れて行きましょう。, まず脱皮不全は、湿度が足りないことによりうまく脱皮できない状態になるのですが、環境が生態にあっていないか病気で体調不良になっているかが原因でおきます。, 脱皮し切れているか生態をよく観察し、脱皮不全になっていたら環境の見直しをしましょう。, マウスロットは口の中が膿んでいたり、口元に泡のような唾液がついていたりするサインが見られます。, 健康状態であれば自己治癒できますが免疫力が低下している場合、他の病気に感染しやすくなるため獣医に連れていきましょう。, マウスロットも環境があっていないことが原因でなったりするので、環境の見直しもしましょう。, 脱皮不全は湿度が不足しているときに起こりやすく、寒さに弱いコーンスネークは特に冬場の脱皮に注意しなければなりません。, 湿度不足が原因で発症する可能性が高まるため、日頃から湿度を高くし、水入れも体が入るくらい大きなものを用意して予防しましょう。, もし発症してしまった場合は、古い皮が残ったままだと血流が悪くなったり感染病にかかる原因になるため十分に湿らせてからピンセットで取り除いてあげましょう。, マウスロットは環境が不衛生であったり、コーンスネークが生活しにくい環境になっていると発症しやすくなります。, 健康であれば自己治癒できる病気ですが、生活環境が整っていないことにより免疫力が下がっていた場合ウイルスに感染してしまう恐れがあります。, 湿度や温度、清潔であるかなどコーンスネークが生活しやすい環境を整えて予防しましょう。, 発症してしまった場合はコーンスネークの体調や様子をみて、獣医に連れて行きましょう。, 人間や犬猫などの哺乳類は恒温動物なため、種ごとに単位時間の代謝が決まっていますが、コーンスネークは変温動物なため環境によって寿命がかわります。, コーンスネークに関わらずヘビ全体が犬や猫のように歳をとると白内障になるこがいます。, 生活で特に支障はないですが、動きがゆっくりになったり食が細くなったり、犬や猫のような老化がみられます。, 吐き戻しがあったり食が細くなってきたら、餌を小さくしたりして食べやすくしてあげましょう。, 老化がすすみ免疫力が低下してくると病気にかかりやすくなるので定期的に獣医で見てもらうと良いでしょう。, ペットとして飼うコーンスネークはマウスやラット、うずらなどの安定して入手できる冷凍餌が一般的です。, マウスはコーンスネークにとって完全栄養食なのでそのほかの餌を与える必要はありません。, 冷凍餌は与える前に解凍し、繊維を保つためになるべく短時間で中まで火を通せるのがベストです。, 40℃前後のお湯で解凍するのですが、冷凍餌を直接お湯に入れてしまうと匂いがとれて餌を食べない子も中にはいるので、そういった場合は袋のまま湯煎するのがおすすめです。, 餌を与えすぎると内臓脂肪の増加による病気にかかって死んでしまうので、その固体にあった与え方をしましょう。, コーンスネークに限らず、爬虫類は必要以上に触られることを嫌いストレスを抱えやすい傾向があります。, コーンスネークは順応性が高く人馴れしやすいといわれていますが、触りすぎるとストレスになり拒食症を引き起こしたりします。, ハンドリングなどの運動や触れ合いはできますが、長時間やりすぎないようにしましょう。, 環境が生態に合っていないことが原因で引き起こることなので、水入れなど定期的に入れ替えたりして不衛生にならないようにしましょう。, 順応性は高くても敏感な生き物なので、コーンスネークが生活しやすい環境作りをしてあげることがストレスをかけないために私たち飼い主ができることです。, そんなコーンスネークでも環境が合ってないと体調を崩し病気にかかるリスクが増えます。, 爬虫類を家族に迎え入れる人が多くなった現代ですが、爬虫類を対応している獣医はまだまだ少ないです。, そういったときにすぐに診てもえるように、事前にかかりつけの獣医を探しておくことが大切です。, コーンスネークができるだけ長く生きられるように生活しやすい環境を整えて家族に迎え入れてあげましょう。. 今回はそんなコーンスネークのハンドリングはいつからしたらいいのかなどを解説していきますね。, そして初めてコーンスネークを飼う方は、ハンドリングに対して憧れている印象があると思いますね(笑), ハンドリングって言うのは、飼っている爬虫類を持ったり触ったりしてスキンシップをとることを指す言葉ですよね。, ヘビの種類で言うとコーンスネークは性格が大人しいのでハンドリングすることができる種類になります。, ハンドリングできる種類なだけですから、中には気が荒い個体もいますから全てのコーンスネークが出来るわけではないですよ(笑), 「えっ!150㎝もあるの?」と思われますがコーンスネークはクルクルとぐろをまいていますから実際に見ると大きくないですよ。, コーンスネークのハンドリングはし易いので、ヘビとスキンシップをとってみたいですよね。, コーンスネークをハンドリング出来るようにしておくとケージの掃除や体重を測る時などに楽なんですね。, またよくハンドリングすることで、いつものウロコの感じや体重の増減など持った時に分かります。, さらに体調が何かおかしい時には呼吸の乱れなど病気を早く発見する手がかりにもなると言う意見ですね。, 次にハンドリング否定派の意見は、ヘビには、ハンドリング自体ストレスを与える行為と言う説です。, なので極力ハンドリングはしない方がヘビにはストレスにならないというものなんですね。, でも私はハンドリング大賛成なので、ハンドリングはいつからするのか、どのようにするのかを解説していきますね。, コーンスネークをペットとして迎える時ベビーで迎えるかアダルトで迎えるかでハンドリングの慣れ具合も変わってきます。, ベビーの時はチョットしたことで体調不良になったりなどありますが、アダルトになれば体調を崩すことはあまりないですからね。, コーンスネークのハンドリングはいつからでも時間をかけて練習していけばある程度は出来るようにはなります。, しかし爬虫類全般にみてハンドリング出来るようにするのにはベビーの幼少期の頃から始める方がいいですね。, ハンドリングはベビーの幼少期の頃からだと自分が育てたという親心も飼い主側には育ちますからね(笑), アダルトになるとその爪や牙などの攻撃力がマックスになるのでこちらが受けるダメージも大きくなるんですよ。, これはコーンスネークにとぐろを巻いた状態のまま手に乗せることに馴れさせていきます。, この時コーンスネークを落ち着かせるために、こちらもひたすらじっとしているのがコツです!, そうしていくうちにコーンスネークが安全と認識しますから手から手への移動をし始めますよ。, コーンスネークと手の接触面積を多くして安定させると、コーンスネークは自分の体がどこかに接触していることで安心をするようです。, コーンスネークのハンドリングの仕方もある程度理解したら次はハンドリングのタイミングですよね。, コーンスネークはハンドリングしやすいヘビなのでハンドリングのタイミングを間違えなければ神経質ならなくてもいいと思いますよ。, ハンドリングのタイミングの最低限のルールは、エサをあげた後の1日と脱皮前の一週間を避けることですね。, 先ほどもいいましたが、やはりベタベタ触ったりする干渉はコーンスネークにはストレスになります。, 毎日ハンドリングして慣れさせるという方も居られるかもしれませんが、お勧めはしないですよ。, ベビーの幼体からハンドリングに慣れさせるのは良いのですが、ハンドリングの頻度の問題があります。, そしてエサから大体3~4日後にフンをしますから、その次の日にハンドリングという頻度がいいと思いますよ。, 3~4日に1回のハンドリングの感じがコーンスネークにはストレスを与えないと思います。, 一番基本的なことはハンドリング中にコーンスネークを落としてはダメなので、ハンドリングする場合は座ってします。, だから体温が高い人間と長い間ハンドリングすると体温が上がり過ぎてオーバーヒートしてしまいます。, このことを考えたら、ベビーの幼少期は体が小さいので温まりやすく長時間のハンドリングは止めた方がいいですよね。, ベビーの幼少期のハンドリングは、気温が高い夏場などは特に気を付けてあげてくださいね。, 反対にアダルトの場合は体が大きいので温まるのに時間がかかりますから、それほど神経質にならなくても良いと思います。, コーンスネークがエサを食べてお腹の膨れが目に見えて分かる間はハンドリングはしてはダメですね。, それが原因で吐き戻しをしてしまった場合、拒食になってしまう可能性があるので注意して下さい!, だから爬虫類側からすれば「はぁ?チョット待ってぇなぁ!」ってな感じになってるのかもしれませんね。, あきらかに警戒して近づいたら噛むぞ!というオーラを出している時は人間側の方がそれを理解して上げるべきなんですね。, コーンスネークやヘビをハンドリングする時に一番気になるのが噛みつかれる事ですよね。, ハンドリングの仕方も知らずに馴れ馴れしく触ろうとしたら、そりゃヘビもガブってしますからね。, 基本的な事ですが、噛まれないようにハンドリングをする時にヘビの顔の前に手を持ってこないように注意したりします。, またコーンスネークなどヘビは、自然界では鳥などから狙われるのでヘビの頭の後ろが急所なんですね。, だから特に首や頭はヘビが一番嫌がる場所なので、ヘビの頭の後ろから触ろうとしたり掴んではダメなんですよ。, こういうコーンスネークやヘビの弱点なども理解しておくと、噛みつきや威嚇されないですみますからね。, どうしても離さない場合は水につけると離すと言われていますが手でコーンスネークの口を開けて放したらいいだけです(笑), コーンスネークに噛まれたら痛いですが、犬や猫、大きなインコに噛まれた方がもっと痛いですから怖がらなくても大丈夫ですよ。, 私は子供の頃に秘密にヘビを飼って見つかって母親におもいっきり怒られたことがあります(笑). 2020 All Rights Reserved. Copyright© パパは いつでも いきものがかり コーンスネークのハンドリングはいつから?タイミングや毎日するなど頻度についても解説, オキナインコの鳴き声がうるさい時の対策法!鳴く意味や気持ちについても解説 | パパは いつでも いきものがかり. , 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. コーンスネークと同様の、初めてヘビを飼育する人に人気のある種類があります。 それがカリフォルニアキングスネークです。 愛好家からはカリキンという略称で呼ばれています。 体長はコーンスネークとほぼ同じですから、飼育ゲージもほぼ同じくらいのものでいいでしょう。 ただし、と� コーンスネーク好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか? 最近人気が高まっている爬虫類のペット。でも飼育が難しそうと、躊躇してしまったことがありませんか。でもコーンスネークだったら、そんな心配は不要です。初心者でも飼育しやすいコーンスネークについて、飼育方法・給餌方法・飼育のコツをご紹介します。, コーンスネークはペットとして飼育されることも多い中型のヘビで、ナミヘビ科ナメラ属に分類されます。, コーンスネークは北米大陸が原産地です。森林や草原に生息しています。平均体長は120センチメートルから150センチメートルくらいです。中には180センチメートルを超えるサイズにまで成長した例もあります。平均体重は900グラムから1,000グラムくらいになります。, コーンスネークという名前は、腹側の模様がトウモロコシの粒のようであることに由来しています。また野生のコーンスネークは赤い体色をしているため、別名アカダイショウとも呼ばれています。, 最も野生の個体に近い色と模様を持つ種類がノーマルです。色の濃い班の部分とオレンジの部分とがはっきりとしています。, 黒色色素欠乏したアルビノです。ノーマルではオレンジだった部分が白くなっている種類や、全体にキレイな赤い色になっている種類がいます。, 全体に白くなっている種類です。班の部分はピンク色であるため、とても可愛らしいイメージです。, これも色素欠乏した種類です。ただし、欠乏している色素が赤色や黄色のため、アルビノとは異なり黒色や灰色のシックな模様になります。, コーンスネークは比較的、飼育の手間がかからないペットです。餌やりも週に1回程度で済みます。また、他の種類のヘビに比べると寒さに強いことから、四季のある日本にも対応しやすいといわれています。そのため、頻繁に世話をすることが難しという人に向いています。, コーンスネークは他の犬や猫、鳥といったペットと違い鳴きません。また、強い臭いも発しません。そのため、マンションやアパートといった飼育に制限があるようなところでも飼いやすいペットです。住宅環境に制限がある人に向いているといえます。, コーンスネーク活発に動く動物と違い、おとなしいペットです。また性格も温厚で攻撃的になることは、ほとんどありません。散歩を行う必要もないため、活動的なペットだと飼い主の体力的に飼育をためらってしまうような人にも向いているといえます。, コーンスネークは、爬虫類の取り扱いのあるペットショップや即売イベントで購入できます。ノーマルの安いものでは3,000円くらいから販売していますが、平均すると10,000円くらいで購入することができます。ただし希少な種類になると100,000円近くする場合もあるなど、種類によって値段には幅が出てきます。オスとメスでの値段の違いはありません。, コーンスネークが、とぐろを巻いた際の3倍以上のサイズのケージを用意しましょう。平均的な大きさから考えると60センチサイズ以上のケージであれば大丈夫です。脱走を防ぐため、しっかりとフタが閉まる物を選んでください。, 飲み水や水浴び用に、コーンスネークの全身が浸かるくらいのサイズの水入れを設置して下さい。, コーンスネークは比較的寒さに強いのですが、温度が低すぎると食欲不振や消化不良を起こしてしまいます。25度から30度の温度を保つため、ヒーターを設置します。, コーンスネークに取って、マウスは完全食です。そのため、基本的にはマウスだけ与えていれば栄養的に問題ありません。マウスは生きている物、冷凍の物どちらでもかまいませんが、手に入れやすさや保管のしやすさを考えると冷凍マウスの方が扱いやすいといえます。ただし冷凍マウスの場合、完全に解凍してから与えるようにして下さい。解凍が不完全なまま与えてしまうと、吐き出したり体調不良を引き起こす原因になってしてしまう可能性があります。幼体の場合は数日に1回マウスを1匹、成体の場合は週に1回マウスを2匹程度与えれば十分な量です。, 極たまにですが、マウスを与えても食べなくなってしまう場合があります。その場合には、ウズラなど小鳥を餌として与えて下さい。マウスを食べない場合でも、他の餌であれば食べる時があります。, コーンスネークは、餌を全く食べない拒食の状態になることがあります。成体であれば、1ヶ月程度何も食べなくても問題ありませんが、幼体の場合は命にかかわるケースもあるため強制給餌を行うか、できるだけ早く動物病院に連れて行くようにしてください。冷凍マウスを与える際に、完全に解凍されていない状態で与えると拒食を引き起こすことがあります。, 何らかの原因で脱皮が完全に行われない状態です。飼育環境の湿度が低すぎると、脱皮不全になってしまう危険性があります。またダニなどの寄生虫や感染症などによって体調不良になってしまった場合にも、脱皮不全になる可能性があります。脱皮不全を起こした場合には、30度くらいのぬるま湯に浸けて、ふやかした古い皮をゆっくりと剥がしてあげましょう。, マウスロットを発症すると、口の周りに粘液が溜まり、充血や膿が見られるようになります。重症になると、口の周りが変形し餌を食べなくなってしまいます。発見したら、早期に動物病院へ連れて行きましょう。, コーンスネークは比較的寒さに強いヘビの種類ですが、温度が低すぎると消化不良などの体調不良を引き起こしてしまいます。飼育環境の温度は25度から30度を保つようヒーターを設置し、適切な温度管理を行って下さい。, コーンスネークはケージから脱走しようとする時があります。帰巣本能がないため脱走してしまうと、そのまま見つからないケースもあります。ケージにはしっかりとしたフタを設置し、脱走しないようにしておきましょう。, 何らかの事情で飼育し続けられなくなっても、絶対に捨てないで下さい。コーンスネークは元々日本のヘビではないため、生態系に影響を及ぼしてしまいます。それに捨てられた近隣住民にとって、社会的にも迷惑がかかることになります。万一、飼い続けられないという状況になってしまったら、先ずはペットショップに相談してみましょう。, KOKAこのサイトの管理人。犬や猫、ウサギやハムスターを飼ってきた生粋の動物好き。愛猫のために小規模短期募集人の資格をとったペット保険のプロ。, こちらのページでは、当サイト「ペットナビ」で紹介しているヘビやカメ、トカゲなど爬虫類の「しつけ」や「悩み」「病気」に関する記事をまとめています。.



ダンガンロンパ Ss 日向 チート 14, メッツラー ロードテック01 バイアス 5, 50代 留学 ブログ 4, Teams 画面共有 マウスポインタ 表示されない 35, Tbs 小林由美子 結婚 8, 黒抜き 写真 撮り方 バイク 4, クラウド Ff イラスト 5, 易 タロット 無料 4, サッカー アジア最終予選 日程 10, 韓 流 ドラマ 宮 2次小説 りんりん 8, 相模原市 10万円給付 オンライン 14, Vb6 Zorder 最前面 7, 日産 ボーナス 何 ヶ月 5, 認知症 妄想 薬 6, Display Table 縦並び 4, マイクラ ドルフロ スキン 4, ジャパネット 塚本 年収 4, Pioneer Bd Rw Bdr Ud03 6, Ff14 侍 ミラプリ 4, Unity 拡張子 表示 5, イングリッシュ コッカー フィールド 6, バンパー ガムテープ 車検 7, Perfdump アン インストール 47, 放置ジョブ 2020 Pc 14,